ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
News list  Print this   E-mail this
IBS、肥厚性心筋症の原因となる遺伝子の修正に成功

突然変異の遺伝可能性をおさえる···オレゴン健康科学大学と共同研究

両親から受け継ぐ可能性が高い突然変異遺伝子を「遺伝子はさみ」と呼ばれる「CRISPR-Cas9」で修正して遺伝確率を下げる技術が開発された。

IBS(基礎科学研究院、キム・ドゥチョル院長)はIBS遺伝体矯正研究団のキム・ジンス博士チームが人間の胚で肥厚性心筋症の原因となる突然変異遺伝子を修正することに成功したと8月2日に発表した。

肥厚性心筋症は先天的に左心室の壁が厚くなる心臓疾患。遺伝的に発病する確率が高いが成人になるまで徴候があらわれず、次の世代に遺伝する場合が多い。人口500人に1人の割合で発生し、心不全を起こして若年の突然死の原因ともなる。

今回の研究はキム・ジンス博士チームと米国・オレゴン健康科学大学のMitalipov教授チームが共同で進めた。キム・ジンス博士チームは胚の実験に使用するCRISPR-Cas9(遺伝子はさみ)を製造して提供し、実験後にDNA分析を通じてCRISPR-Cas9がうまく作動したことを確認した。人間の胚に遺伝子ハサミを利用して遺伝子を修正する実験はオレゴン健康科学大研究チームが行った。

​その結果、研究チームは遺伝子修正を通じて肥厚性心筋症の変異遺伝子が子供に遺伝しない確率を自然の状態の50%から72.4%に高めて遺伝病を予防する新たな道を開いた。

研究チームによるとこれまでは受精後にCRISPR-Cas9を注入したため同じ胚に遺伝子が修正されていない細胞が混ざっているモザイク現象が発生したが、今回の研究で精子とCRISPR-Cas9を同時に卵子に注入することでモザイク現象を克服し、遺伝子修正の成功率を高めた。

研究結果は『Nature』電子版を通じて8月3日(韓国時間)に公開された。

キム・ジンス博士は「本研究は突然変異をもつ人間の胚に対するCRISPR-Cas9の効果を立証した点に大きな意味がある」と話している。








[2017-08-07]

weblio

by weblio


Go Back Top
News list  Print this   E-mail this


 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059