ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
News list  Print this   E-mail this
韓国語で話すと9つの言語に変換···95%の音声認識率

ETRI、9つの言語の音声認識器を開発···20の言語にサービス拡大する予定


韓国の研究チームが韓国語で話すと9つの言語に自動で変換される95%以上の認識率の音声認識器を開発した。

大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院、イ・サンフン院長)は韓国語だけでなく英語、日本語、中国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ロシア語、アラビア語など人間の音声をリアルタイムで文字に変換する技術を開発したと4月18日に発表した。

研究チームは人工知能ディープラーニング技術をもとに大容量データを利用して音声認識器を開発した。大容量データ自動精製技術で多国語音声言語処理の核心技術も確保し、研究チームでは今後さらに多様な言語の音声認識に応用拡大したいとしている。

音声認識器のサービス方式は従来とほぼ同じでクライアントサーバ型と端末搭載型で構成される。一度に数人から数十人まで同時に接続が可能。研究チームは今後、音声認識技術を必要とする韓国の移動通信企業をはじめポータル、音声認識エンジン技術を商用化している企業などに技術移転する計画。

開発に当たったETRI音声知能研究グループのキム・サンフンプロジェクトリーダーは「2020年の東京オリンピック開催時期までに対象言語を14の言語まで拡大し、ついで20以上の言語にまで増やしてゆきたい。技術の高度化をつうじて競争力を高めたい」と話している。

ETRIは本技術を2018年開催予定の平昌冬季オリンピックの自動通訳翻訳サービス部門の公式後援企業であるハングルとコンピュータ社とともに「GenieTalk」自動通訳サービスに使用してテストサービスを行っている。





[2017-04-19]

weblio

by weblio


Go Back Top
News list  Print this   E-mail this


 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059