ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
News list  Print this   E-mail this
韓電原子力燃料、臨界熱流束相関式の許認可を取得

固有の原子力燃料商用供給···輸出先決要件を解決


大徳所在の韓電原子力燃料(チョン・サンボン社長)は独自に開発した固有の原子力燃料の臨界熱流束 相関式の使用に関する最終許認可を韓国原子力安全委員会から取得したと12月27日に発表した。

臨界熱流束相関式は原子力発電所を運用する際に多様な運転変数間の相互作用を表わす関数式。原子力発電所の爐心の燃料棒から冷却水への熱伝達が急速に減少して燃料棒の損傷につながり原子力発電所の安全な運転を妨げる現象(臨界熱流束)を予測するために活用される。

2010年11月から開発が始められ約7年にわたり進められた今回の許認可取得は既存の原子力燃料に比べて耐震、熱的性能が大幅に向上した固有の原子力燃料の商用供給と輸出推進の先決要件を解決するもの。今後、韓電原子力燃料は固有の原子力燃料の安全性立証と効率的な原子力発電所の運用のためにこの相関式を活用する予定。

韓電原子力燃料のチョン・サンボン社長は「安全と品質が最優先される原子力分野でわが社の高度な研究開発力が証明された。蓄積した技術とノウハウをもとに新成長動力の創出はもちろん、さらに安全で高品質の原子力燃料供給をつうじて顧客と国民の信頼を高めてゆく計画」と述べた。





[2018-01-02]

weblio

by weblio


Go Back Top
News list  Print this   E-mail this


 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059