ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
ETRI、AI技術でゴミの不法投棄取り締まる技術を開発
大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院)は都市地域におけるゴミの不法投棄行為を取り締まるための視覚人工知能ディープビュー(Deep View)技術を活用することになった...
[2018-11-23]
KAIST、昆虫の目の構造を模倣した2oの超小型カメラを開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)はバイオおよび脳工学科のチョン・ギフン教授研究チームが独特な目の構造をもつ昆虫であるXenos peckiiを模倣した超薄型...
[2018-11-22]
KAIST、麻薬中毒治療剤抗がん剤候補物質の合成技術を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は化学科のハン・スンギュ教授研究チームが市中で求めることのできる「カタランチン」を原料にして酸化と再配列により麻薬中毒治療剤...
[2018-11-21]
KAIST、脳波の生成変調をつかさどる神経回路のメカニズムを解明
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)はバイオおよび脳工学科のチョ・グァンヒョン教授研究チームが脳波の生成と変調を担当する核心神経回路のメカニズムを解明したと11...
[2018-11-20]
IBS、免疫調節T細胞が炎症環境で機能を喪失する原因を解明
人体のさまざまな免疫細胞は免疫バランスを維持して疾病を防ぐ。中でも免疫調節T細胞は正常でない細胞を殺して免疫体系の恒常性を維持する。だが炎症が起きると調節T細胞は機能を...
[2018-11-19]
KAIST、金属と誘電体間の近接場輻射熱伝達量の測定と制御に成功
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は機械工学科のイ・ボンジェ教授、イ・スンソプ教授研究チームが金属と誘電体の多層構造の間の近接場輻射熱伝達量を測定し制御するこ...
[2018-11-16]
韓国基礎支援研、水素生成のための環境親和的な高性能触媒を開発
環境を汚染することなく水素の生産効率を高められる触媒が開発された。 大徳所在の韓国基礎科学支援研究院(イ・グァンシク院長)研究チームは高麗大学校、UNIST(蔚山科学...
[2018-11-15]
KAIST、超低電力の心拍酸素飽和度センサーを開発
心拍および酸素飽和度センサーを多様なウェアラブル機器に応用する可能性が提示された。 大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は電気および電子工学部のユ・スンヒョプ...
[2018-11-14]
IBS、北朝鮮寧辺の原子炉のモニタリング法を提示
これまで学問的目的で利用してきたニュートリノ検出器を北朝鮮の非核化検証のツールとして使用できる可能性が提示された。大徳所在のIBS(キム・ドゥチョル院長)は地下実験研究...
[2018-11-13]
KAIST、ガラスのように透明な柔軟ディスプレイ基板用の素材を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は化学科のキム・サンユル教授研究チームが透明な柔軟ディスプレイの製造に利用できる高分子を合成することに成功したと11月8日に...
[2018-11-12]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059