ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
材料研、残留農薬をただちに検出する技術を開発
材料研究所(イ・ジョンファン所長)は表面技術研究本部のチョン・ホサン博士チームが釜山大、漢陽大、国立農産物品質管理院試験研究所と共同で農産品の残留農薬を選択的に検出する...
[2018-03-16]
5G-WiFi間の途切れのないサービス提供が可能に
大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院)はKTとLanbird Technology社、SNETICT社などの企業との研究を通じて使用者が移動しても5GとWiFi間の途...
[2018-03-15]
韓国標準研、網膜診断装置評価用の標準眼球ファントムを開発
大徳所在の韓国標準科学研究院(パク・サンヨル院長)は同研究院ナノバイオ測定センターのイ・サンウォン博士研究チームが網膜診断装置である光干渉断層計(OCT)の性能を評価す...
[2018-03-14]
韓国原子力研、放射線技術で歯科用の新素材を開発
韓国の研究チームが放射線技術を利用して既存の高価な歯科用素材を代替する新素材を開発した。 大徳所在の韓国原子力研究院(ハ・ジェジュ院長)は同研究院先端放射線研究所(チ...
[2018-03-13]
KAIST、ナトリウム基盤の二次電池負極素材を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は新素材工学科のユク・チョンミン教授とイ・ジョンヨン名誉教授共同研究チームがリチウム基盤の二次電池の負極材料に比べて安価で寿...
[2018-03-12]
KAIST、酸化の問題を解決し二酸化炭素吸着剤の実用化可能性アップ
既存の二酸化炭素吸着剤の問題点だった酸化による非活性化の問題を解決し、実用化の可能性を高めた吸着剤が開発された。 大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は生命化...
[2018-03-09]
韓国基礎支援研、過活動膀胱の原因となるタンパク質を発見
韓国の研究チームが過活動膀胱の原因となるタンパク質を発見し、治療の手がかりを提示した。 韓国基礎科学支援研究院(イ・グァンシク院長)は同研究院バイオ融合分析本部のキ...
[2018-03-08]
KAIST、海底粘土質中のハイドレートの生成原理を究明
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は建設および環境工学科のクォン・テヒョク教授研究チームが一名「燃える氷」と呼ばれる天然ガスハイドレートが海底の粘土質堆積土で...
[2018-03-07]
自然界に豊富な炭化水素を新薬の原料にしてガンマ-ラクタムを合成
韓国の研究チームが石油、天然ガスなど自然界に豊富な炭化水素から医薬品や化学素材の原料となるラクタムを合成することに成功した。 IBS(基礎科学研究院、キム・ドゥチョル...
[2018-03-06]
ETRI、グラフェンと光通信技術を融合して光シナプス模倣素子を開発
大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院)はグラフェンと光通信技術を融合して光シナプス模倣素子の核心技術を開発したと3月1日に発表した。 人間の脳は記憶の部分と演算の部...
[2018-03-05]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059