ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
延世大、分子レベルで物質を照らす「ナノ灯台」を開発
韓国研究財団は延世大学校のキム・ドンヒョン教授、ソン・テファン研究員、ムン・グィヨン研究員が光の多方向入射を利用し極小の光で金属ナノチップ上の全ての領域の物質を照らす技...
[2018-05-24]
KAIST、物理化学的合成の不可能なナノ材料を生物学的に合成する技術を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は生命化学工学科のイ・サンヨプ特勳教授研究チームが大腸菌を利用してさまざまなナノ材料を生物学的に合成する技術を開発したと5月...
[2018-05-23]
ブロッコリーの成分がアルツハイマー病の原因となるタンパク質を除去
ブロッコリーの成分がアルツハイマー病と関連のある毒性タンパク質を除去し、認知症を予防する効果があることが分かった。 韓国研究財団はソウル大学校のキム・ジヨン研究教授、...
[2018-05-22]
BIONEER社の自動化分子診断システムが欧州で医療機器として承認
大徳研究開発特区のバイオベンチャー企業BIONEER社(パク・ハンオ代表)は同社の自動化分子診断システム「ExiStation™ 48A」のヨーロッパでの認...
[2018-05-21]
KAIST、タンニン酸を利用して心臓組織に薬物を伝達する技術を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は化学科のイ・ヘシン教授研究チームがタンニン酸を利用して簡単な静脈注射だけで薬物を心臓組織に効率的に伝達できる技術を開発した...
[2018-05-18]
IBS、光の速度を調節できるグラフェン結合メタ物質を開発
大徳所在のIBS(基礎科学研究院、キム・ドゥチョル院長)はナノ構造物理研究団のキム・トゥントゥン研究教授チームとKAIST機械工学科のミン・ボムギ教授研究チームが共同で...
[2018-05-17]
KAIST、深層神経網の数学的原理を解明
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)はバイオおよび脳工学科のイェ・ジョンチョル碩座教授研究チームが医療映像、精密分野への活用が可能な高性能深層神経網の数学的原理...
[2018-05-16]
IBS、半球状のナノ物質エンボシンググラフェンを製造
大徳所在のIBS(基礎科学研究院、キム・ドゥチョル院長)は同研究院多次元炭素材料研究団のRodney S. Ruoff団長研究チームがふくらみが突出している半球状のグラ...
[2018-05-15]
韓国機械研、磁気ベアリングを用いたスマートローラーを開発
韓国機械研究院(パク・チョンホン院長)は研究所企業のMAGNETAR社と共同で磁気ベアリング技術を用いたスマートローラーを開発したと5月10日に発表した。 韓国機械研...
[2018-05-14]
IBS、極超短レーザーのパルス波形測定法を開発
大徳所在のIBS(基礎科学研究院、キム・ドゥチョル院長)は同研究院超強力レーザー科学研究団のアト秒科学グループが光の粒子の電場による原子がイオン化される現象を利用してレ...
[2018-05-11]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059