ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
ETRI、光でスイッチングするデータセンター用の光スイッチを開発
韓国の研究チームが光でスイッチングするデータセンター用の光スイッチ技術を開発した。 大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院)はデータセンターの最大の懸案であるトラフィ...
[2018-12-07]
KAIST、液晶物質の特性を利用した有機半導体基盤のトランジスタを開発
韓国の研究チームがLCD(液晶表示装置)に主に使用されている液晶を多様な有機電子素子に利用する可能性を提示した。 韓国研究財団(ノ・ジョンヘ理事長)はKAISTのユン...
[2018-12-06]
韓国原子力研、韓国初の動物用放射性医薬品を開発
韓国原子力研究院は同研究院のイム・ジェチョン博士研究チームが忠北大学校動物医療センターと共同でネコの甲状腺機能亢進症の放射性治療剤「サイロキティ(thyrokitty)...
[2018-12-05]
UNIST、金属空気電池の性能を高める複合触媒を開発
UNIST(蔚山科学技術院、チョン・ムヨン総長)はエネルギー・化学工学部のキム・ゴンテ教授チームが「金属空気電池」の効率を高める複合触媒を開発したと12月2日に発表した...
[2018-12-04]
科学ビッグデータをIPアドレスなしで利用しハッキングを防止
大徳所在のKISTI(韓国科学技術情報研究院、チェ・ヒユン院長)はIPアドレスなどの識別子がなくても固有のデータ名だけで科学ビッグデータを伝達、管理、保護できるデータ中...
[2018-12-03]
KAIST、がん幹細胞を製造する技術を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は生命科学科のチョン・サンヨン教授、イ・デヨプ教授と生命化学工学科のイム・ソンガプ教授共同研究チームが特殊な高分子薄膜を利用...
[2018-11-30]
液晶の欠陥利用し空気で大面積のモザイク万華鏡パターンを製造
KAIST(シン・ソンチョル総長)はナノ科学技術大学院(化学科)のユン・ドンギ教授研究チームが液晶の欠陥を利用してミクロンの大きさの空気の柱を作り、これを利用してモザイ...
[2018-11-29]
韓国機械研、音響メタレンズを開発し回折限界の4倍までイメージングに成功
韓国機械研の研究チームが高解像度イメージングの可能な音響メタレンズを開発した。超音波指紋認識、近接場音響顕微鏡、非破壊検査などの分野に活用できる見通し。 韓国機械研究...
[2018-11-28]
KAIST、超小型X線チューブ利用した近接がん治療装置を開発
韓国の研究チームががん治療、医療用映像装置、先端産業用のX線装置の性能を向上させられる装置を開発した。 大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は原子力量子工学科の...
[2018-11-27]
韓国天文研、3つのチャンネルの宇宙電波を同時に受信する超小型観測器を開発
宇宙から飛来する電波を分析すれば宇宙の知られざる姿を知ることができる。韓国天文研究院の研究チームが世界各国の保有している電波望遠鏡に簡単に設置することでこうした電波の研...
[2018-11-26]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059