ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
ミトコンドリアの酵素を調節して糖尿病を治療する可能性を提示
韓国研究財団(ノ・ジョンヘ理事長)は慶北大学校のイ・インギュ教授、チョン・ジェハン教授研究チームがミトコンドリアの酵素であるピルビン酸デヒドロゲナーゼキナーゼ4(以下、...
[2018-10-05]
Sugentech社、中国企業に現場診断分析機器を500台供給
大徳所在のバイオ診断専門企業Sugentech社(ソン・ミジン代表)は9月28日に中国の体外診断機器専門企業Da An Geneグループの子会社Jiawen社と現場診断...
[2018-10-04]
KAIST、毒性ガス使わずポリウレタン前駆体を合成する触媒を開発
韓国研究財団はKAISTのイ・ユンホ教授研究チームがイソシアネートを合成する新たな触媒を開発したと10月1日に発表した。 ポリウレタンはプラスチックの一種で合成繊維や...
[2018-10-03]
DGIST、太陽光を利用して水素を大量生産する技術を開発
DGIST(大邱慶北科学技術院、ソン・サンヒョク総長)はエネルギー工学専攻のユ・ジュンソン教授チームが太陽光を利用して水を酸素と水素に効率的に分解する新たな概念の触媒を...
[2018-10-02]
人間の生体情報で認証···FIDO2認証技術が普及拡大
大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院)は独自開発した認証サーバー技術が8月20日に米国サンホセでFIDO協会主催の国際相互連動試験をパスし、韓国企業に技術移転を推進し...
[2018-10-01]
KIST、リチウム電池よりも寿命が2倍長いリチウム金属-イオン電池を開発
韓国の研究チームの開発したリチウム金属-イオン電池を装着したドローンが既存の電池よりも2倍以上の時間を飛行してその効率性が立証された。 KIST(イ・ビョングォン院長...
[2018-09-28]
従来の臨界核理論を覆すナノ粒子成長の過程を解明
従来の物質成長理論を覆す物質初期成長の過程が明らかになった。 DGIST(大邱慶北科学技術院、ソン・サンヒョク総長)はニューバイオロジー専攻のムン・デウォン教授チーム...
[2018-09-27]
AIで交通混雑を92%予測···アウディの開発関係者も注目
# 約束した会議の時間は午後5時。出発地のテジョンから到着地のソウルまで車での移動距離は約160km。強い雨が降っており交...
[2018-09-26]
KAIST、一度のタッチで多様な機能を提供するフォースタッチセンサーを開発
スマートフォン、フレキシブル機器、ヘルスケアウェアラブル機器などのタッチインターフェースに利用できる技術が開発された 大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は電...
[2018-09-25]
韓国生命研、タミフル耐性ウイルスを10分以内に診断するキットを開発
韓国の研究チームがタミフル耐性ウイルスを10分以内で診断できるキットを開発した。 大徳所在の韓国生命工学研究院(キム・ジャンソン院長)は危害要素感知BNT研究団のチョ...
[2018-09-24]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059