ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
無線で手術患者の麻酔の深さを正確に測定する技術を開発
手術患者の麻酔の深さを無線で正確に測定する技が開発された。 大徳所在のKAIST(カン・ソンモ総長)は電気および電子工学科のユ・ヒジュン教授研究チームが高麗大学校九老...
[2017-02-15]
KAIST、ナノ構造体を判を押すように製造するリソグラフィ技術を開発
韓国の研究チームがナノ構造体をはんこを押すように製造できるリソグラフィ技術を開発した。 大徳所在のKAIST(カン・ソンモ総長)は生命化学工学科のキム・ヒタク教授研究...
[2017-02-14]
KAIST、柔軟基板への接着力の強い透明電極を開発
韓国の研究チームが柔軟基板への接着力が従来の3倍以上向上した透明電極を開発した。 韓国研究財団(チョ・ムジェ理事長)は大徳所在のKAIST新素材工学科のイ・ゴンジェ教...
[2017-02-13]
相変化物質を利用し3cmの大きさのホログラムイメージを表示
韓国の研究チームが相変化物質を利用、次世代ホログラム技術を開発した。これを活用すれば将来的にはホログラム動画を再生することのできるディスプレイパネル製造も可能になる見通...
[2017-02-10]
KIST、大面積のホワイトグラフェン合成技術を開発
KIST(韓国科学技術研究院、イ・ビョングォン院長)は同研究院全北分院複合素材技術研究所量子応用複合素材研究センターのキム・ミョンジョン博士チームが低コストで容易に大面...
[2017-02-09]
高麗大、高画質低価格のLCDディスプレイカラーフィルターを開発
韓国の研究チームが優れた色の再現率を示す低価格の超高画質LCDディスプレイカラーフィルターを開発した。 韓国研究財団(チョ・ムジェ理事長)は高麗大学校のチュ・ビョング...
[2017-02-08]
UNIST、世界で最薄の酸化物半導体を開発
原子一層の厚さの酸化物半導体が開発され、薄くて透明で柔軟な電子器機や超小型センサーなどの電子装置の開発に役立つ見込み。 UNIST(チョン・ムヨン総長)は新素材工学部の...
[2017-02-07]
KAIST、ロボットの皮膚の役割を果たすセンサーを開発
KAIST(カン・ソンモ総長)は機械工学科のキム・ジョン教授とパク・インギュ教授共同研究チームがシリコンと炭素素材を活用してロボットの皮膚の役割を果たす触覚センサーを開...
[2017-02-06]
GIST、脳への準侵襲性電気刺激法の効果を立証
GIST(光州科学技術院、シン・ソンチョル総長)は電気電子コンピュータ工学部のチョン・ソンチャン教授チームが新たな脳疾患治療法として注目されている準侵襲性(semi-i...
[2017-02-03]
薄膜積み上げグラフェンの量子電気物性を測定する技術を開発
韓国標準科学研究院(パク・サンヨル院長)は量子測定センターのチョン・スヨン博士とIBS複雑系理論物理研究団のパク・ヒチョル博士研究チームが薄膜形態のグラフェン、六方晶窒...
[2017-02-02]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059