ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
全南大、鉄の濃度調節による細菌感染抑制方法を解明
生体内の鉄(Fe)の代謝を調節して細菌感染や敗血症を治療するあらたな概念の感染制御が可能になる見通し。 韓国研究財団は全南大学校のチェ・ヒョンイル教授研究チームが食中...
[2018-06-07]
POSTECH、植物の篩管の発達を調節する過程を解明
韓国研究財団はPOSTECHのファン・イルドゥ教授とチョ・ヒョヌ博士、博士課程のチョ・ヒョンソプ氏らが植物の光合成の産物が通る篩管の発達を調節する過程を解明したと6月4...
[2018-06-06]
UNIST、銀ナノワイヤを用いた透明電極を開発
韓国の研究チームが透明電極を作る金属の上に酸化膜を形成して光の散乱を最小化し、電極の透明度を飛躍的に向上させることに成功した。 UNIST(チョン・ムヨン総長)は新素...
[2018-06-05]
韓国原子力研、MRIの核心素材1q級の超伝導線を韓国で初めて製造
韓国政府出捐研究機関と中堅企業が共同研究を通じて韓国で初めて1q級の二ホウ化マグネシウム(MgB₂)超伝導線の製造に成功、医療分野などに活用される見通し。...
[2018-06-04]
KAIST、完璧に整列されたナノワイヤ移動技術を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は電気電子工学部のユン・ジュンボ教授、ソ・ミンホ博士研究チームが完璧に整列されたナノワイヤの束を大面積の柔軟基板に移すことに...
[2018-06-01]
韓国機械研、タイヤ磨耗による粒子状物質の測定シミュレーターを開発
韓国機械研究院(パク・チョンホン院長)は自動車の走行中に発生するタイヤ磨耗粒子状物質を正確に測定できるシミュレーターを開発したと5月29日に発表した。 最近、粒子状物...
[2018-05-31]
Plasmapp社、医療用滅菌器をスペインについで台湾に供給
大徳研究開発特区のベンチャー企業Plasmapp社(イム・ユボン代表)は同社の開発した医療用低温プラズマ滅菌器をヨーロッパに次いで台湾にも供給する契約を締結したと5月2...
[2018-05-30]
KAIST、ドーナツ状の硫化リチウムを利用したリチウム硫黄イオン電池を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は生命化学工学科のキム・ヒタク教授研究チームが既存のリチウムイオン電池よりも高いエネルギー密度をもち、安価なうえ600サイク...
[2018-05-29]
韓国標準研、液体の固まり始める瞬間の温度を測定
韓国標準科学研究院(パク・サンヨル院長)は同研究院熱流体標準センターのチョン・ウクチョル責任研究員が液体金属が固体に凝固し始める瞬間をとらえて温度を測定することに成功し...
[2018-05-28]
DGIST、薬物を封印して運搬するカプセル型マイクロロボットを開発
韓国の研究チームが細胞や薬物を封印して人体内の必要とする部位に伝達できるカプセル型のマイクロロボットを開発した。このマイクロロボットは細胞や薬物を外部に搭載する既存の方...
[2018-05-25]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059