ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
KAIST、ポリフェノール物質を利用したナノコーティング技術を開発
KAIST(シン・ソンチョル総長)は化学科のチェ・インソン教授研究チームが植物基盤のポリフェノール物質を利用してコーティング試料の種類に関係なく使用できる汎用スプレーナ...
[2017-08-14]
KAIST、新薬開発のためのビッグデータ基盤の仮想人体システムを開発
科学技術情報通信部(ユ・ヨンミン長官)はKAISTのイ・ドホン教授研究チームが新薬開発のためのビッグデータ基盤の仮想人体モデル(CODA)を開発したと8月8日に発表した...
[2017-08-11]
体内のカルシウム濃度測定技術を開発···疾病の早期診断が可能
KIST(イ・ビョングォン院長)は江陵分院天然物研究所天然物融合研究センターのチョン・サンフン博士研究チームが釜山大学校生命科学科のキム・テジン教授チームと共同で「蛍光...
[2017-08-10]
優良企業成長の秘訣は無謀なまでに攻撃的なR&D
浦項(ポハン)で韓国で初めて地熱発電を行う企業が登場し、活躍中である。地熱は風力や太陽熱とは異なり気候の影響を受けない安定したエネルギー。原子力発電のように地震による事...
[2017-08-09]
大徳のスタートアップPLASMAPP社、100億ウォンの投資誘致に成功
大田創造経済革新センター(イム・ジョンテセンター長)は同センターの育成企業であるPLASMAPP社(イム・ユボン代表)が60億ウォン規模の投資誘致に成功したと8月6日に...
[2017-08-08]
IBS、肥厚性心筋症の原因となる遺伝子の修正に成功
両親から受け継ぐ可能性が高い突然変異遺伝子を「遺伝子はさみ」と呼ばれる「CRISPR-Cas9」で修正して遺伝確率を下げる技術が開発された。 IBS(基礎科学研究院、キ...
[2017-08-07]
TOPnC社、リチウム二次電池用パウチフィルムを国産化
2014年8月に産学研共同研究法人会社として設立されたTOPnC社(代表:ハンバッ大学校創意融合学科キム・ドンス教授)はロールトゥロールプリント電子技術(Roll to...
[2017-08-04]
認知症やパーキンスン病解決の手がかりとなるタンパク質の新たな経路を解明
韓国研究財団(チョ・ムジェ理事長)は高麗大学校のキム・ユンギ教授研究チームが細胞内で正常なタンパク質とともに作られる非正常なタンパク質がCTIFタンパク質によって調節さ...
[2017-08-03]
IBS、副作用のない次世代MRI造影剤を開発
IBS(基礎科学研究院、キム・ドゥチョル院長)は同研究院ナノ粒子研究団のヒョン・テクファン団長とチェ・スンホン研究委員研究チームが中国・安徽省の病院との共同研究を通じて...
[2017-08-02]
振動する気泡で細胞を制御する技術を開発
韓国研究財団(チョ・ムジェ理事長)は明知大学校のチョン・サングク教授研究チームが気泡で細胞などの物体を物理的損傷なく効率的に制御する技術を開発したと7月27日に発表した...
[2017-08-01]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059