ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
KAIST、ファインピッチ用の異方性導電フィルムを開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は新素材工学科のペク・キョンウク教授研究チームが次世代高解像度8K UHDディスプレイに利用できるファインピッチ用の異方性導...
[2018-11-02]
KAIST、ディープラーニング基盤のビデオストリーミング技術を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は電気電子工学部のシン・ジヌ教授、ハン・ドンス教授チームがディープラーニング技術を利用したインターネットビデオ伝送技術を開発...
[2018-11-01]
FEP融合研究団、微小粒子状物質の排出を抑え除去する技術を開発
大徳所在の韓国エネルギー技術研究院と韓国機械研究院などが参加しているFEP融合研究団(団長、韓国エネルギー研イ・ジェグ責任研究員)が一次、二次微小粒子状物質の排出量を9...
[2018-10-31]
韓国原子力研、波長調節の可能な高周波加速器技術を国産化
高周波加速器は抗がん治療に利用されている。手術なしでがん細胞を破壊できるため。また放射線を物体に透過させると物体を破壊せずに内部の情報を確認できることから港湾のコンテナ...
[2018-10-30]
韓国機械研、半導体工程用の統合型排気ガス処理システムを開発
韓国機械研究院(パク・チョンホン院長)は環境システム研究本部環境機械研究室のキム・ヨンジン博士研究チームが半導体工程で排出される温室ガス処理工程の汚染物質を除去するため...
[2018-10-29]
KAIST、神経治療後に体内で自然に分解される電子薬を開発
体内で溶ける手術用の糸のように神経治療後に体内で自然に分解される電子薬が開発された。 大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)はバイオおよび脳工学科のカン・スンギ...
[2018-10-26]
韓国機械研、太陽電池用の安定した量子ドット薄膜を開発
韓国研究財団は韓国機械研究院のチョン・ソヒ博士研究チームが材料の共有結合性という特性で非常に安定しているIII-V族量子ドットインクおよび薄膜の製造技術を開発したと10...
[2018-10-25]
IBS、固体表面上の単一原子の特性を観察する技術を開発
大徳所在のIBS(基礎科学研究院)は同研究院量子ナノ科学研究団のアンドレアス・ハインリヒ団長研究チームが米国IBMアルマデン研究所と共同で固体の表面上に置かれた単一の原...
[2018-10-24]
ETRI、4千回曲げても性能がそのままのゴム型圧力センサーを開発
韓国の研究チームが障害者の義手や義足、ロボットに貼り付けられるゴムの形態の圧力センサーを開発した。このセンサーは人間の神経組織のような役割を果たし感覚を感知するのに役立...
[2018-10-23]
KAIST、イガイの接着高分子を利用して高性能のグラフェン繊維を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は新素材工学科のキム・サンウク教授研究チームが黒鉛系グラフェンを利用して優れた物性をもつ新たな概念の炭素繊維を開発したと10...
[2018-10-22]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059