ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
DGIST、ナノ粒子構造を分析する分光学的分析法を開発
DGIST(ソン・サンヒョク総長)は知能型素子融合研究室のイム・ソンジュン先任研究員が米国イリノイ州立大のアンドリュー・スミス教授研究チームとの共同研究を通じて吸光スペ...
[2017-06-16]
韓国基礎支援研、高感度水銀検出用ペーパーチップを開発
韓国基礎科学支援研究院(イ・グァンシク院長)は同研究院バイオ融合分析本部生物災難研究チームのハン・ギュイナム博士、クォン・ヨセプ博士、チェ・ジョンスン博士がペーパーチッ...
[2017-06-15]
IBS、食べ過ぎなくても太る代謝性疾患の治療法を開発
韓国の研究チームが少しだけ食べても太ってしまう代謝性疾患の治療法を開発した。 IBS(基礎科学研究院、キム・ドゥチョル院長)は同研究院複雑系自己組立研究団のキム・ギム...
[2017-06-13]
高効率のCISe太陽電池の製造工程技術を開発
韓国エネルギー技術研究院(クァク・ピョンソン院長)は同研究院太陽光研究室の研究チームが経済的かつ高効率のCISe薄膜太陽電池の製造工程技術を開発したと6月8日に発表し...
[2017-06-12]
新薬開発を早めるタンパク質基盤のバイオ電子センサーを開発
韓国の研究チームがタンパク質の結合した伝導性ナノチューブ基盤のバイオ電子センサーを開発した。新薬開発にかかる時間とコストを節約できるようになるものと期待される。 韓国...
[2017-06-09]
着ることで姿勢を矯正···リアルタイムモーション学習システムを開発
大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院、イ・サンフン院長)は人間の身体の主要な関節に17個のセンサーと10個のアクチュエータ(Actuator)を取り付けて動きを分析し...
[2017-06-08]
ドローンの滞空時間を伸ばす燃料電池技術を開発
韓国の研究チームが環境親和的な未来エネルギー源として注目されている燃料電池に超軽量的設計と柔軟性を融合した技術を開発した。次世代ドローンの滞空時間を画期的に伸ばすのに役...
[2017-06-07]
ETRI、人工知能防犯カメラの開発に着手
大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院、イ・サンフン院長)はクラウド基盤の知能型映像保安プラットフォームの開発に着手したと6月1日に発表した。 既存の防犯カメラは犯罪...
[2017-06-06]
KAIST、液晶の欠陥の変異過程の観察に成功
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)はナノ科学技術大学院のユン・ドンギ教授研究チームが液晶の欠陥が温度によって変化する過程を解明したと6月1日に発表した。液晶の...
[2017-06-05]
KIST、アルツハイマー型認知症の治療候補薬物関連技術を移転
KIST(韓国科学技術研究院、イ・ビョングォン院長)は5月31日に同研究院内でケミメディ社(チェ・ゴンソプ)の系列会社であるメガバイオスプ社(パク・サンミン代表)とアル...
[2017-06-02]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059