ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
IBS、押す力だけで強誘電体分極を自由に制御する技術を開発
IBS(基礎科学研究院、キム・ドゥチョル院長)は同研究院強相関係物質研究団のノ・テウォン団長研究チームが韓国内の他の研究チームと共同で強誘電体水平方向分極を制御すること...
[2018-03-23]
韓国化学研、水素貯蔵用の液状貯蔵体と触媒技術を開発
大徳所在の韓国化学研究援(キム・ソンス院長)は同研究院のパク・チフン博士が漢陽大学校化学工学科のソ・ヨンウン教授、浦項工科大学校化学工学科のハン・ジョンウ教授らと共同で...
[2018-03-22]
韓医学研、鍼をうち灸をすえる経穴の科学的根拠を提示
韓国韓医学研究院(キム・ジョンヨル院長)は同研究院臨床医学部のリュ・ヨンヒ博士と大邱韓医大のキム・ヒヨン教授共同研究チームが疾病にともなう皮膚の敏感点と経穴が約70%以...
[2018-03-21]
光で傷を治療するOLED絆瘡膏を開発
韓国の研究チームが光で傷を治療するOLED(Organic Light Emitting Diode/有機発光ダイオード)絆瘡膏を開発した。絆瘡膏タイプの光源を皮膚に貼...
[2018-03-20]
GenoFocus社、抗酸化酵素SODの炎症性腸疾患治療効果を立証
大徳所在のGenoFocus社(キム・ウイジュン代表)は抗酸化酵素「SOD(superoxide dismutase)」が炎症性腸疾患の症状を緩和させる事実を立証したと...
[2018-03-19]
材料研、残留農薬をただちに検出する技術を開発
材料研究所(イ・ジョンファン所長)は表面技術研究本部のチョン・ホサン博士チームが釜山大、漢陽大、国立農産物品質管理院試験研究所と共同で農産品の残留農薬を選択的に検出する...
[2018-03-16]
5G-WiFi間の途切れのないサービス提供が可能に
大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院)はKTとLanbird Technology社、SNETICT社などの企業との研究を通じて使用者が移動しても5GとWiFi間の途...
[2018-03-15]
韓国標準研、網膜診断装置評価用の標準眼球ファントムを開発
大徳所在の韓国標準科学研究院(パク・サンヨル院長)は同研究院ナノバイオ測定センターのイ・サンウォン博士研究チームが網膜診断装置である光干渉断層計(OCT)の性能を評価す...
[2018-03-14]
韓国原子力研、放射線技術で歯科用の新素材を開発
韓国の研究チームが放射線技術を利用して既存の高価な歯科用素材を代替する新素材を開発した。 大徳所在の韓国原子力研究院(ハ・ジェジュ院長)は同研究院先端放射線研究所(チ...
[2018-03-13]
KAIST、ナトリウム基盤の二次電池負極素材を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は新素材工学科のユク・チョンミン教授とイ・ジョンヨン名誉教授共同研究チームがリチウム基盤の二次電池の負極材料に比べて安価で寿...
[2018-03-12]

<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059