ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
釜山大、高効率の量子干渉現象の測定に成功
韓国の研究チームが独立した光子対の間の量子干渉現象を測定した。 韓国研究財団(チョ・ムジェ理事長)は釜山大学校のムン・ハンソプ教授研究チームが独立した光子対の量子干渉...
[2017-11-03]
ダウン症候群の原因遺伝子が自閉症の原因としても作用することを解明
ダウン症候群の原因遺伝子として知られていた「DYRK1A」遺伝子が自閉症の原因としても作用していることが分かった。研究結果は今後、自閉症の研究と治療剤の開発に活用される...
[2017-11-02]
UNIST、細胞内の脂肪質トンネルの構造を解明
UNIST(チョン・ムヨン総長)は生命科学部のイ・チャンウク教授チームが人間をはじめとする高等生物を構成する真核細胞の中で小胞体とミトコンドリアの間の膜接触点で起きるリ...
[2017-11-01]
高麗大、波動エネルギーで微細な流体を制御することに成功
韓国研究財団(チョ・ムジェ理事長)は高麗大学校のイム・チェスン教授とナム・ジョンフン博士研究チームが表面弾性波を基盤に微細粒子と流体を3次元で制御する微細流体素子に関す...
[2017-10-31]
KAIST、サケから抽出したDNAを利用して金ナノロッド配向制御技術を開発
韓国研究財団はKAISTのユン・ドンギ教授研究チーがサケから抽出したDNAを利用してセンチメートルのレベルの大きさの広い面積に利用できる金ナノロッド配向制御技術を開発し...
[2017-10-30]
KAIST、柔軟性と性能を同時に備えたフラッシュメモリーを開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は電気電子工学部のユ・スンヒョプ教授、生命化学工学科のイム・ソンガプ教授共同研究チームが有機物基盤の柔軟ですぐれた性能をもつ...
[2017-10-27]
KAIST、白金の使用量を10分の1に抑えた単一原子触媒を開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は生命化学工学科のイ・ヒョンジュ教授とソウル市立大学のハン・ジョンウ教授研究チームが触媒の白金使用量を従来の10分の1に減らす...
[2017-10-26]
韓国エネルギー研、二酸化炭素で電気を生産する新たな発電技術を開発
韓国エネルギー技術研究院(クァク・ピョンソン院長)は高温高圧の二酸化炭素でタービンを駆動して電気を生産する軸流型(axial type)タービン基盤の超臨界二酸化炭素発...
[2017-10-25]
韓国原子力研、低濃縮核燃料粉末で米国ヨーロッパに次ぎ日本へ進出
韓国原子力研究院(ハ・ジェジュ院長)は独自技術で作ったウラニウム-モリブデン合金(U-Mo)の核燃料粉末を日本に提供することになったと10月18日に発表した。 今...
[2017-10-24]
韓国機械研、河川のアオコを99%除去する電気凝集-浮上技術を開発
韓国機械研究院(パク・チョンホン院長)は同研究院環境機械研究室の研究チームが電気凝集と浮上の原理を利用した環境親和的なアオコ除去システムを開発し、水中のアオコを99%除...
[2017-10-23]

[first][prev10] <  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059