ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 
 
Bioneer社、ヨーロッパで体外診断試薬の最高等級認証を取得
Bioneer社がHIV-1定量分析キットでヨーロッパでの認証を受けた初のアジアの企業となった。 大徳所在のBioneer社(パク・ハノ代表)は10月5日にエイズ患者...
[2018-10-12]
脳梗塞の原因が一目でわかる、1160人のデータで脳血流マップを完成
大徳所在の韓国標準科学研究院(パク・サンヨル院長)は同研究院の国家参照標準センターと東国大学校一山病院のキム・ドンオク教授研究チームが韓国全国の11の大学病院の脳梗塞患...
[2018-10-11]
ETRI、偏光選択が可能な光素子を開発
大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院)は偏光現象を利用して通信する際に水平、垂直の電場いずれも活用して伝送容量を2倍増加させる1cm×1cmの光素子を開発したと10月...
[2018-10-10]
KAIST、話者を区別できる柔軟圧電音声センサーを開発
大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は新素材工学科のイ・ゴンジェ教授と電気および電子工学部のユ・チャンドン教授共同研究チームが人工知能基盤の話者認識用柔軟圧電音...
[2018-10-09]
CRISPR-Cpf1遺伝子編集ツールの効率を高める技術を開発
韓国生命工学研究院(キム・ジャンソン院長)は同研究院のキム・ヨンサム博士チームが次世代遺伝子編集ツールであるCRISPR-Cpf1システムの効率を高める方法を開発したと...
[2018-10-08]
ミトコンドリアの酵素を調節して糖尿病を治療する可能性を提示
韓国研究財団(ノ・ジョンヘ理事長)は慶北大学校のイ・インギュ教授、チョン・ジェハン教授研究チームがミトコンドリアの酵素であるピルビン酸デヒドロゲナーゼキナーゼ4(以下、...
[2018-10-05]
Sugentech社、中国企業に現場診断分析機器を500台供給
大徳所在のバイオ診断専門企業Sugentech社(ソン・ミジン代表)は9月28日に中国の体外診断機器専門企業Da An Geneグループの子会社Jiawen社と現場診断...
[2018-10-04]
KAIST、毒性ガス使わずポリウレタン前駆体を合成する触媒を開発
韓国研究財団はKAISTのイ・ユンホ教授研究チームがイソシアネートを合成する新たな触媒を開発したと10月1日に発表した。 ポリウレタンはプラスチックの一種で合成繊維や...
[2018-10-03]
DGIST、太陽光を利用して水素を大量生産する技術を開発
DGIST(大邱慶北科学技術院、ソン・サンヒョク総長)はエネルギー工学専攻のユ・ジュンソン教授チームが太陽光を利用して水を酸素と水素に効率的に分解する新たな概念の触媒を...
[2018-10-02]
人間の生体情報で認証···FIDO2認証技術が普及拡大
大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院)は独自開発した認証サーバー技術が8月20日に米国サンホセでFIDO協会主催の国際相互連動試験をパスし、韓国企業に技術移転を推進し...
[2018-10-01]

[first][prev10] <  11 12 13 14 15 16 17 18 19 20  > [next10][last]

 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059