>ニュース
>大徳バレー紹介
>大徳ネット紹介

ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 


韓国化学研、体温で電気を生産する柔軟熱電素材を開発

韓国化学研究院(キム・ソンス院長)は同研究院のチョ・ソンユン博士研究チームが熱を電気エネルギーに変える新たな柔軟熱電素材を開発したと8月13日に発表した。既存の熱電素材の短所である空気中での弱さを克服し印刷工程で簡単に製造できる。また柔軟に曲がる特性もあためるウェアラブル機器に利用できる見通し。 熱電素材は周辺の熱を電気エネルギーに変えたり、反対に電気エネルギーで温度を下げたり上げたりする素材...

KAIST、海洋サブメソスケール乱流の特性を解明

韓国の研究チームがサブメソスケール乱流固有の特性と原動力を解明した。ビッグデータの分析で数キロメートル、数時間規模の海洋流体について把握した。地球と地域の気候変化の予測モデル改善に寄与する見込み。...

生命研、人間の小腸と類似した臓器類似体の成熟化技術を開発

韓国の研究チームが人間の小腸に類似した「臓器類似体」の成熟化技術を開発した。 韓国生命工学研究院(キム・ジャンソン院長)は同研究院幹細胞研究センターのソン・ミヨン博士研究チームが人間の全能性幹細胞...

KAIST、エア・スキャフォールディング技術を開発

デザインの過程における反復作業を短縮できる3Dスケッチング技術が開発された。 KAIST(シン・ソンチョル総長)は産業デザイン学科のペ・ソクヒョン教授研究チームが「エア・スキャフォールディング(a...

KAIST、悪性脳腫瘍の根本原因を解明

悪性の脳腫瘍である膠芽腫の原因が明らかになり、治療法の開発に新たな方向性を提示できると見られる。 大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は医科学大学院のイ・ジョンホ教授研究チームがセブランス...

済州大、自ら発電し光に反応するエネルギー収穫器を開発

韓国の研究チームが自ら発電し光に反応するエネルギー収穫器を開発した。 韓国研究財団(ノ・ジョンへ理事長)は済州大学校のキム・サンジェ教授研究チームがヨード化硫化アンチモン(SbSI)化合物素材を使...

IBS、重水で生体分子の動きを観察する技術を開発 
注射より便利なナノマイクロDNAニードルパッチを商用化 
基礎支援研、ゲルユニットのついたウェルプレートプラットフォームを開発 
ETRIなど韓国主導の知能型エッジコンピューティングが国際標準に 
KAIST、難治性遺伝疾患「繊毛病」の治療剤候補物質を発掘 
IBS、抗酸化ナノ粒子のパーキンソン病治療効果を確認 
KAIST、プラズマ内の電子の加熱の原理を解明 
地球温暖化の主原因である二酸化炭素をプラスチック原料に 
>>more


 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059