>ニュース
>大徳バレー紹介
>大徳ネット紹介

ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 


KAIST、金属と誘電体間の近接場輻射熱伝達量の測定と制御に成功

大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は機械工学科のイ・ボンジェ教授、イ・スンソプ教授研究チームが金属と誘電体の多層構造の間の近接場輻射熱伝達量を測定し制御することに成功したと11月13日に発表した。 二つの物体の間の距離がナノメートル単位であるとき物体の間の輻射熱伝達は距離が近くなるほど大きく増加する。その値は輻射熱伝達量の理論的な最大値と考えられてきた黒体輻射熱伝達量の1000倍から...

韓国基礎支援研、水素生成のための環境親和的な高性能触媒を開発

環境を汚染することなく水素の生産効率を高められる触媒が開発された。 大徳所在の韓国基礎科学支援研究院(イ・グァンシク院長)研究チームは高麗大学校、UNIST(蔚山科学技術院)研究チームとの共同研究...

KAIST、超低電力の心拍酸素飽和度センサーを開発

心拍および酸素飽和度センサーを多様なウェアラブル機器に応用する可能性が提示された。 大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は電気および電子工学部のユ・スンヒョプ教授研究チームが有機発光ダイオ...

IBS、北朝鮮寧辺の原子炉のモニタリング法を提示

これまで学問的目的で利用してきたニュートリノ検出器を北朝鮮の非核化検証のツールとして使用できる可能性が提示された。大徳所在のIBS(キム・ドゥチョル院長)は地下実験研究団(キム・ヨンドク団長)と世界...

KAIST、ガラスのように透明な柔軟ディスプレイ基板用の素材を開発

大徳所在のKAIST(シン・ソンチョル総長)は化学科のキム・サンユル教授研究チームが透明な柔軟ディスプレイの製造に利用できる高分子を合成することに成功したと11月8日に発表した。次世代ディスプレイと...

ETRI、トンネルでも途切れないUHD映像伝送技術のテストに成功

大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院、イ・サンフン院長)は放送網と通信網を連動して開発した技術のテストに成功したと11月8日に発表した。 研究チームはこの技術が地上波放送を試聴しているときにトン...

IBS、電気でスキルミオン粒子のリアルタイム制御に成功 
成均館大、人体の筋肉組織に似たナノ-筋繊維を開発 
KAIST、光学的な時空間の境界で光を制御する技術を開発 
韓国化学研、環境親和的な冷暖房器用吸着剤を開発 
KAIST、ファインピッチ用の異方性導電フィルムを開発 
KAIST、ディープラーニング基盤のビデオストリーミング技術を開発 
FEP融合研究団、微小粒子状物質の排出を抑え除去する技術を開発 
韓国原子力研、波長調節の可能な高周波加速器技術を国産化 
>>more


 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059