>ニュース
>大徳バレー紹介
>大徳ネット紹介

ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 


摂氏700度で高温熱処理···ナノワイヤ移動技術開発

大徳所在のKAISTは電気電子工学部のユン・ジュンボ教授チームが高温で熱処理されたナノワイヤの束を柔軟基板に移す技術と、これを利用した高性能の柔軟エネルギー収穫素子を開発したと2月22日に発表した。 ナノワイヤ(nanowire)は優れた物理化学的特性と応用性をもつ。最近では物理化学的に優れたナノワイヤを柔軟基板に用いて高性能のウェアラブルセンサーなどの柔軟電子素子に応用するための研究が活発に...

KAIST、明暗に対応する網膜神経細胞とその作用原理を解明

韓国未来創造科学省(チェ・ヤンヒ長官)はKAISTのキム・ジヌ教授チームが視覚の明暗に対応する網膜神経細胞とその作用原理を解明したと2月20日に発表した。 夜間や暗いところで働く勤労者やまぶしさをに...

GIST、微生物燃料電池実用化の難題だった電力オーバーシュートを解決

GIST(光州科学技術院、ムン・スンヒョン総長)は地球環境工学部のチャン・インソプ教授研究チームが微生物を利用して電気を得る微生物燃料電池の実用化の難題の一つだった「電力オーバーシュート」現象の解決...

KAIST、拡張現実のキャラクターをリアルタイムで操作する技術を開発

韓国の研究チームがスマートフォンを利用して拡張現実(AR)の中の仮想のキャラクターをリアルタイムで操作する技術を開発した。 大徳所在のKAIST(カン・ソンモ総長)はKI・IT融合研究所拡張現実研...

アルツハイマー病を誘発するタンパク質を切断する金属錯体を開発

UNIST(蔚山科学技術院、チョン・ムヨン総長)は自然科学部のイム・ミヒ教授研究チームがアルツハイマー病の原因とされるアミロイドβタンパク質を切断できる遷移金属基盤の錯体を開発したと2月16日に発表...

韓国機械研、製品のシリアルナンバーを暗号化する技術を開発

韓国機械研究院(イム・ヨンテク院長)は同研究院先端生産装備研究本部光応用機械研究室のノ・ジファン研究員チームが超微細パターンをレーザーで製品に加工してシリアルナンバーを暗号化する技術を開発したと2月...

KAIST、固体のように固い液晶を開発 
無線で手術患者の麻酔の深さを正確に測定する技術を開発 
KAIST、ナノ構造体を判を押すように製造するリソグラフィ技術を開発 
KAIST、柔軟基板への接着力の強い透明電極を開発 
相変化物質を利用し3cmの大きさのホログラムイメージを表示 
KIST、大面積のホワイトグラフェン合成技術を開発 
高麗大、高画質低価格のLCDディスプレイカラーフィルターを開発 
UNIST、世界で最薄の酸化物半導体を開発 
>>more


 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059