>ニュース
>大徳バレー紹介
>大徳ネット紹介

ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 


韓国生命研、アルツハイマー病とパーキンソン病の共通現象を確認

大徳所在の韓国生命工学研究院(キム・ジャンソン院長)は同研究院危害要素感知BNT研究団のイ・ギュソン博士チームが韓国基礎科学支援研究院のイ・ソンス博士チーム、スタンフォード大学研究チームとの共同研究を通じて神経退行性疾患で小胞体とミトコンドリアの相互作用によるミトコンドリアの過度のカルシウム増加現象が疾病の共通現象であることを突き止めたと10月16日に発表した。 ミトコンドリアは栄養分として吸...

高効率の吸着素材で廃水中の有害な重金属を除去

KIST(韓国科学技術研究院、イ・ビョングォン院長)は同研究院電子材料研究団のイ・ウクソン博士と水資源循環研究団のチェ・ジェウ博士共同研究チームが窒素を含有する高分子物質を利用して廃水内に高濃度で排...

韓国原子力研、芝からの抽出物の糖尿病の治療効果を立証

大徳所在の韓国原子力研究院(ハ・ジェジュ院長)は同研究院先端放射線研究所が放射線を活用して芝の一種であるムカデシバ(centipede grass)から糖尿病を治療できる天然物質を抽出することに成功...

有害な一酸化炭素を細胞保護治療剤として使用

韓国研究財団(ノ・ジョンヘ理事長)はGISTのイ・ウンジ教授研究チームが一酸化炭素の放出量と速度を制御するヒドロゲルパッチを開発し、体内の組織や臓器に貼り付けることで効果的な細胞保護と抗炎症効果を発...

Bioneer社、ヨーロッパで体外診断試薬の最高等級認証を取得

Bioneer社がHIV-1定量分析キットでヨーロッパでの認証を受けた初のアジアの企業となった。 大徳所在のBioneer社(パク・ハノ代表)は10月5日にエイズ患者の治療管理に使用される血液内H...

脳梗塞の原因が一目でわかる、1160人のデータで脳血流マップを完成

大徳所在の韓国標準科学研究院(パク・サンヨル院長)は同研究院の国家参照標準センターと東国大学校一山病院のキム・ドンオク教授研究チームが韓国全国の11の大学病院の脳梗塞患者1160人の脳映像データ(M...

ETRI、偏光選択が可能な光素子を開発 
KAIST、話者を区別できる柔軟圧電音声センサーを開発 
CRISPR-Cpf1遺伝子編集ツールの効率を高める技術を開発 
ミトコンドリアの酵素を調節して糖尿病を治療する可能性を提示 
Sugentech社、中国企業に現場診断分析機器を500台供給 
KAIST、毒性ガス使わずポリウレタン前駆体を合成する触媒を開発 
DGIST、太陽光を利用して水素を大量生産する技術を開発 
人間の生体情報で認証···FIDO2認証技術が普及拡大 
>>more


 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059