>ニュース
>大徳バレー紹介
>大徳ネット紹介

ニュ−スレターお申し込み
 
 
 


 


カトリック大、リウマチ関節炎の原因を究明

カトリック大学校は同大学校医科大学のキム・ワンウク教授研究チームがリウマチ患者の滑膜細胞が活性化して自ら攻撃性と破壊性を獲得し生涯にわたって連続的に骨と軟骨を破壊するメカニズムを究明したと12月7日に発表した。 滑膜細胞は関節を構成する基本的な細胞で正常な状態では関節を支え養分を供給する機能を果たす。しかしリウマチ関節炎が発症すると破壊的かつ攻撃的な性質をもつようになる。 リウマチ関節炎は全...

ナノワイヤの特性変化をリアルタイムで測定する技術を開発

大徳所在の韓国標準科学研究院(パク・サンヨル院長職務代行)は同研究院先端測定装備センターのキム・ヨンホン博士研究チームが透過電子顕微鏡を利用して化合物半導体であるInAsP(Indium Arsen...

OPTOSTA社、ランサムウェアの被害を防ぐソリューションを開発

大徳所在のOPTOSTA社(シム・ジェギ代表)は最近被害が増えているランサムウェアに備えるために、ETRI(韓国電子通信研究院)から技術移転を受けてバックアップストレージとモバイル電子決裁機能を結合...

ETRI、無人運転車の故障を99%診断できるプロセッサを開発

韓国の研究チームが無人運転車の電子装置の故障の有無を99%の確率で確認できるプロセッサを開発した。 大徳所在のETRI(韓国電子通信研究院、イ・サンフン院長)は1ワット(W)の低電力で1ギガヘルツ...

IBSとKAIST、レーザー活用してグラフェン生成する技術を開発

IBS(基礎科学研究院、キム・ドゥチョル院長)は多次元炭素材料研究団のイ・ゴンジェ研究委員(KAIST新素材工学科教授)研究チームとKAIST電気および電子工学部のチェ・ソンユル教授チームがレーザー...

KAIST、化粧用ブラシでDNAの形を調節する技術を開発

大徳所在のKAIST(カン・ソンモ総長)はナノ科学技術大学院のユン・ドンギ教授研究チームが日常生活で使用される化粧用ブラシを用いて一定のジグザグ形態をもつDNA基盤のナノ構造体を製造する技術を開発し...

GIST、1000回以上曲げても作動するトランジスタを開発 
IBS、光の速度で情報を伝達する超高速光電素子を開発 
KAIST、紙の上に超小型半導体レーザーを製造する技術を開発 
韓国生命研、干拓地や砂漠でも育つポプラを開発 
ETRI、スマートファームを構築···イチゴを知能情報技術で栽培 
KAIST、服のように着用できる布OLED技術を開発 
スポンジ構造を応用し結着力強化した水素燃料電池を開発 
KAIST、電気で水の動きを調節する技術を開発 
>>more


 
Home | ニュ−ス | 大徳ネット紹介 | Sitemap | Contact Us

Copyright(c)2004 大徳ネット. All rights reserved. Email:itom@hellodd.com
(〒)305-340 大田 儒城区 道龍洞 441- 綜合福祉センター2階
Tel:+82-42-861-5005 Fax:+82-42-861-5059